お知らせ

2016-11-20

院内旅行 ~熱海~

 11月20日、自由参加1名を含む17名で熱海豪華ランチのプランに参加してきました。
 天気も良く、ランチもとても豪華で楽しむことができました。
 出発の時から時間が遅れたり、少しトラブルがあったりと、記憶に残る旅になりました。

2016-10-15

第32回日本義肢装具学会学術大会

 平成28年10月15日~10月16日に、札幌コンベンションセンターで行われました『第32回日本義肢装具学会学術大会』に参加させて頂きました。
 当院から『当院における短下肢装具作成時の選択基準の検討』とういうタイトルで、ポスター発表を行いました。
 他院の先生方と活発な意見交換ができ、新たな発見も多くありました。
 今回学んだ内容等を、日々の臨床に生かせるようスタッフ一同頑張っていきたいと思います!

2016-10-12

国際福祉機器展

“2016国際福祉機器展”が今年も東京ビッグサイトで開催され、当院のリハ科から多数のスタッフが参加しました。
 また一部のスタッフは例年同様に東京都作業療法士協会からの依頼を受け「福祉用具相談コーナー」のボランティアも行いました。
 ボランティアに参加し、他の病院・施設の方と情報交換ができ、多くの事を学ぶ事が出来ました。
 展示物は、健康状態などの情報をPCで管理する最新の医療・福祉機器がそろっており、入院中の患者様が使用することで、身の回りのことを自らできるようになる物を数点見つけることができました。
 今後の業務に活かしていきたと思います。

2016-10-02

院内旅行 ~沖縄フリータイム3日間~

 10月2日から4日の二泊三日で、総勢18名で沖縄に院内旅行に行ってきました。
 一日目は到着後から晴天で沖縄の景色や海を堪能することができました。
 二日目は連日のニュースで取り上げられていた台風18号がものの見事に直撃し、豪雨の中、オーシャンビューの素晴らしいホテルにて思い思いの時間を過ごしました。
 沖縄の台風の厳しさを体感することができ、みんなの電話を何度も震わせた避難警報の音は一生の思い出になりました。

2016-10-01

ザ・ペニンシュラ東京 「ヘイフンテラス」にて豪華ディナー

10月1日(土)、ザ・ペニンシュラ東京内の広東料理「ヘイフンテラス」にて、素敵な雰囲気の中、お食事を楽しんできました。

2016-09-28

杏林大学医学部 脳卒中医学 平野照之先生による勉強会

 本日、杏林大学より平野教授にお越しいただき「脳梗塞急性期治療の最新動向」について講義していただきました。
杏林大学には脳卒中センターが設けられており、より専門的な治療を行っているためそこから得られる各種データとその分析結果は当院にとって貴重な情報となりました。 

2016-09-25

院内旅行 ~日光東照宮観光~

 9月25日、日光東照宮へ日帰り旅行に行ってきました。
 九州出身の私にとって、東照宮は歴史の教科書や旅番組でした観たことがなく、広大な境内のスポットを全て観て回ることは困難でした。今年400年記念を迎える東照宮は、幾つかの建築物が工事中ですが、徳川家康公の御位牌が初公開されていたり、今ならではの行事も催されています。過去に修学旅行等で行かれたことのある方にとっても新しい発見が待っているのではないでしょうか。
 もう一つ印象深かったのは、障がいを患った参拝者の方たちも多くいらっしゃることです。一生懸命に参拝へ向かわれるお姿を拝見し、クオリティ・オブ・ライフに繋がるリハビリテーションに励まなくてはと、思いを新たにさせて頂きました。
 徐々に残暑もおさまり、秋の気配を感じはじめてた今日この頃です。この様な旅の機会をくださった病院に感謝をし、皆さまのご健康と充実した日々の応援をいたして参ります。
 

2016-09-14

夕涼み会

中秋の名月ということで、屋上でお月見も兼ねて夕涼み会を行ないました。
外はあいにくの曇り空であったため満月を見ることは出来ませんでした。
しかし、スタッフお手製の満月がライトで照らし出されたため、拍手喝采!
お月見後は、お茶とお茶菓子に舌づつみをうちつつ、茶話会を行ない、お月見の話題などで盛り上がりました。「楽しかった」、「お茶、お菓子がとてもおいしかった」などの感想を頂き、みなさん喜ばれていました。

2016-08-27

第7回関東カマチグループ合同学術研究大会

本日は関東巨樹の会グループの15施設が集まり、久喜総合文化会館にて、「合同学術研究発表会」が開催されました。
今回で7回目となる発表会は、今までとは異なり、開催場所の変更、「転倒・転落に対する取り組み」をテーマに各病院演題を厳選し、1演題ずつの発表とする等の変更もあり、初めての試みとなりました。
また、今回当院が初めて幹事病院となり、発表会の形式も初めてでしたが、学術委員会一丸となり準備を行ったおかげか、大きな事故もなく無事終える事できました。
この発表会は若手スタッフの学会発表への足掛かり(登竜門)でもあり、また学術的な研鑽の場として毎年行われ、各病院スタッフが研究した結果を披露する一大イベントとなっております。
当院からは、医局、リハビリテーション科が共同して研究発表を行い、実りのある会となりました。
 全体で13演題の発表があり、各病院、転倒・転落のインシデントレポートを様々な視点から分析し、原因を追究していました。
リスクのある患者様をいかに予測を立てて抽出し、転倒・転落を予防出来るのかは、当病院においても課題であります。
発表では実際の臨床の場で工夫をした取り組みがされていました。
病室前の電カル記載の導入、イラストカードの導入、センサー選定のフローチャートの使用等効果的な結果が得られたものもあり、
当病院においてもすぐに取り入れていきたいと感じました。

2016-08-18

2階 2016夏祭り

2階病棟では、8月18日(木)に夏祭りを行いました。
季節感を感じていただけるよう、スタッフは浴衣や甚平、アロハシャツや法被に着替え、患者様にはお面を付けていただき、ヨーヨー釣りと盆踊りを行いました。
ヨーヨーは、患者様とレクリエーションの時間等に作りました。
盆踊りは、事前に患者様と練習を行っていた為、当日は皆さん、笑顔で踊ることができました。限られた時間でしたが、リハビリの合間に少しでも清涼感を感じていただけたら嬉しいです。

前の10件 <<  1  2  3  4  5  6  7  8  9  >> 次の10件