看護部

看護部長あいさつ

看護部長 今泉 祐紀

看護部長
今泉 祐紀

確かな知識と技術、豊かな感性。患者様、ひとりひとりの笑顔を大切に、心のこもった看護サービスを提供します。

私たちは、寝たきり「ゼロ」、在宅復帰を目標にリハビリテーション科と一体になり、病棟での日常生活に合わせ、「生活リハビリ」を看護の立場で行っています。入院当初より、患者様・ご家族の方と話し合いをしながら、必要な日常生活動作の獲得に向けリハビリが実施できるよう、心身の状態を最良に整える為の看護を行います。患者様が回復され、「この病院に入院してよかった」と笑顔でご自宅に戻っていかれるよう看護を行います。

看護部の理念・基本方針

「病院理念」
手には技術
頭には知識
患者様には愛を
「看護部理念」
確かな知識と技術、豊かな感性
「看護部基本方針」
看護に携わる私たちが常に心がけているのは
1.「患者様の気持ち」を忘れないようにすること
2.患者様やそのご家族様一人ひとりを大切にし、温かい心のこもった看護を提供すること
3.患者様にとって必要な医療サービスが受けられるよう、他職種との連携の要になること

看護師の1日

8:15 出 勤

1日の始まりです。朝は特に笑顔をこころがけます。

8:30 朝礼・申し送り

朝礼の後、夜勤者からの申し送りを聞きます。

9:00 バイタルサインのチェック

患者様の状態観察!バイタルサインのチェックにまわります。(受け持ちは15名前後)

10:00 離床活動

3時間のリハ以外に離床活動の一環で体操を行います。
(PT、OTやNS、CWが一緒に行います)

12:00 食事介助

患者さんの食事のお世話です。
お昼のお薬の用意もします。

12:30 昼 食

やっと休憩♪ 交代で休憩に入ります。
リラックス(笑)

13:30 カンファレンス

医師、看護師、リハ、MSWとカンファレンス。
問題点を出し合い、情報の共有をします。

14:00 面談

患者さま、ご家族を中心に医師、看護師、MSW、リハと現状・問題点・今後の目標など話し合います。

16:30 申し送り

夜勤者に申し送ります。

17:00 業務終了

日勤の1日が終わりました。
今日はみんなと食事に行きます♪

現場より一言

スタッフの声

看護師主任

当院は全ての患者様が在宅および社会復帰することを目標にリハビリテーションを提供しています。それを支えるのは、患者様に関わる全てのスタッフが一丸となって行う充実のチーム医療です。

その中でも看護部は看護師・ケアワーカーが連携し、患者様の満足度を高めることをまず第一に考え、安全・安心・安楽に病棟生活が送れること、そして常に機能回復を意識した日常生活介入を行っています。当院ではFIM(機能的自立度評価表)を用いて評価していますが、看護師やセラピストだけでなく、ケアワーカーにおいてもFIMをアレンジしたものを用いて評価しています。これによって日常生活行動の改善の程度やその時点での課題が明確になります。

また、各職種が機能回復への意識を高く持つことができ、それぞれの視点をもとにカンファレンスや情報伝達をすることで、より早く目標に到達することができると考えています。こうした関わりによって、やりがいを感じながら日々の看護を実践しています。

スタッフの声

看護補助者主任

患者様が入院生活を快適に過ごして頂くよう、身体介助だけでなくレクリエーション活動も主体となり笑顔を引き出す事で、入院生活での楽しさや病棟での活性化に努めています。

「チーム医療」の中で、看護補助者も一員としてカンファレンスの参加やその中で意見をすることで、それぞれの職種と連携をとり患者様が少しでも早く入院生活に慣れリハビリ意欲に繋がるように支援しています。

業務内容では、プライマリー制を導入しここに責任を持つことで、患者様の身体面の介助だけでなく家族とのコミュニケーションも大事にしています。また日常生活動作表を活用し患者様と関わることで、看護補助者に求められるケア、在宅支援が行えるよう日々努力しています。