お知らせ

2018-11-18

セブ島4日間

セブ島はフィリピン中部のビザヤ諸島にある島です。セブ島には大きなショッピングモールや市場があり観光客の方が多くいらっしゃいました。私たちはセブ島南部のオスロブという場所でシュノーケリングをしながらジンベイザメを間近で見たり、セブ市内のスーパーで買い物をしたりスパでマッサージを受けたりとのんびりと癒される時間を過ごすことができました。何より物価が安いのがとても嬉しかったです。またホテルの設備も豪華で、プールやバーでゆっくりと過ごしたりもでき、また是非セブ島に旅行したいと思いました。

2018-11-15

起震車体験

いつ起こるかわからない大地震に備えるため、まずは防災意識を高めてもらおうと東京消防庁から起震車を当院に派遣をしていただき、地震体験を行いました。震度6〜7クラスは逃げるどころか立つのも難しく、自分の身を守るのに精一杯で、ほとんど何もできないので普段の備えが重要なのを理解していただけたと思います。この体験をきっかけに、防災について見直していきたいと思いました。

2018-10-31

【院内旅行】爆笑!そっくり館キサラものまねショーとクルーズ・クルーズ新宿

クルーズ・クルーズ新宿ではお酒と和風にアレンジされたフレンチやイタリアン料理が楽しめました。他のカマチグループの方とも交流ができ、互いの病院の良いところを言い合ったり、休みの日の過ごし方など他愛のない話で盛り上がったりしました。
次に移動したものまね館キサラでは7人の出演者が次々にものまねを披露し、XJAPANのToshi(のものまねのsa’Toshi)や松田聖子(のものまねのまねだ聖子)等の歌や演技を見て、驚いたり笑ったりとても楽しい時間を過ごすことができました。短い時間でしたがとてもリフレッシュすることができました。

2018-10-28

前原町連合運動会

小金井市前原町で行われる町内運動会に、病院から6名参加してきました。当日は、晴天の中100m・1000m・1500m走、ムカデ競争、二人三脚、大縄跳び、リレー、宝探しやパン食い競争等、色々な種目の競技に参加させていただきました。個々の競技だけでなく、地域の方とペアになったり、バトンを渡したり、地域の方々と協力し楽しむことが出来ました。総合結果は3位で残念でしたが、ムカデ競争では、最下位から他の町内全て抜き、見事1位なり、リレーでは一致団結して大差をつけて1位を取ることが出来ました!
来年も参加し、地域の方と交流しつつ、1位の奪還を目指します!

2018-10-25

「褥瘡対策」勉強会

当院は全ての患者様が在宅及び社会復帰することを目標にリハビリを提供しています。リハビリを進めていく上で褥瘡があると、リハビリの内容を制限せざるを得ないことがあるなどリハビリにも支障をきたすことがあり、褥瘡ができないように最大限、予防していくことが必要です。
日本褥瘡学会実態調査による一般病院の褥瘡発生率は1.60%ですが、当院の褥瘡推定発生率は平成29年度実績が0.3%低水準を維持しております。今回、さらなる改善を目指して体圧測定器を導入しました。そこで、今年度の褥瘡対策勉強会において「体圧測定器の活用方法」と称して、全職種に褥瘡の基礎知識および体圧測定器の使用方法について伝達講習を実施しました。褥瘡には様々な要因が関連していますが、褥瘡の定義にもあるように、「身体に加わった外力」すなわち体
圧を客観的に評価していくことは褥瘡予防に直結すると言えます。勉強会においてもマットレスやクッションの種類による体圧の違いについて数値で示したことで、その重要性を実感してもらえたと考えています。今後はリハビリ科と連携してシーティングなどにも活用し、より良い褥瘡予防およびリハビリの提供につなげていきたいと考えています。

2018-10-16

恩城グループ(韓国)御一行当院施設見学

他のカマチグループ病院も見学していたため、当院の歴史や特徴、リハビリ機器についての説明を中心に報告させて頂きました。
当院では身体に障害や後遺症があったとしても、少しでも機能を改善し、残存機能を維持していくためにご自身で出来ることは時間がかかったとしてもご自分で行ってもらうようにしています。
一方で、今回の見学時では、職員にいかに負担をかけず、介助時間を短縮するために、どのようなリハビリ機器や介護設備を導入しているかについての質問が数多くありました。そうしたことが、職員の仕事の効率化、仕事の軽減につながっていくという考えからでありました。
当院は在宅復帰をすることを目標としているため、快適で、全てのバリアを取り除くことが、患者様の退院後の生活のためになるとは限らないことを説明しました。
病院を運営していく中で、患者様や職員にとって何が一番正しいのかを考える良い機会となりました。病院側の事情や職員の時間的な制限がある中で、様々な価値観を共有する大切な論議が出来た良い機会となりました。 

2018-10-12

第22回日本ウォーキング学会

山口県下関市で開催された第22回日本ウォーキング学会にリハビリテーション科より3名がポスター発表をさせて頂きました。初日は、様々な分野の方々から多数のご意見やアドバイス等を頂くことができました。また、先生方の特別講演を受ける事ができ多くの刺激を受けました。2日目は、下関市内を歩くウォーキングイベントに参加させて頂き、唐戸市場や関門海峡等の観光名所を下関の潮風を浴びながら、参加された地域の方々や他職種の方々と交流を深める事が出来ました。今回の学会で学んだ事を、業務に反映させられるよう努めてまいります。

2018-10-08

【院内旅行】宮古島フリープラン

10月8日から2泊3日で沖縄県・宮古島にリハスタッフ4名で院内旅行にいかせて頂きました。台風が心配されていた時期でしたが、当日から最終日まで快晴に恵まれ、宮古島の綺麗な海・空、陸のおいしい料理やお酒を堪能することが出来ました。リフレッシュできた分、また日々の業務も頑張りたいと思います!

2018-09-29

第11回関東KG学術大会

八千代リハビリテーション学院で第11回関東KG学術大会がありました。17施設から約400名が参加して、「感染に対する取り組み」のテーマのもと15演題の研究発表がありました。当院からも3F病棟から「デイルームにおける環境整備の取り組み」の看護研究を発表しました。残念ながら入賞は果たせませんでしたが、素晴らしい発表ばかりでとても勉強になりました。その他にも新たにグループに加わった東京品川病院の紹介や林泰史先生のデータ報告、喜多村考幸先生の「もう頭痛で悩まない」の特別講演もありました。今回の学んだ研究結果を現場に活かして、より良い医療を提供できるようこれからも研究を進めていきたいと思います。

2018-09-26

河合美智子さんトークイベント

女優・歌手の河合美智子さんをお招きして、トークイベントを実施しました。
今回は、6Fのラウンジにて30名の患者様が参加しました。
河合さんには、曲の合間に自己のリハビリでの様子などのお話しをして頂きました。
曲は代表曲である「夫婦みち」をはじめ、5曲の歌を歌って頂きました。5曲のうちの1曲は患者様も一緒に歌うことのできる「ふるさと」もあり、会場にいた全員で歌って頂きました。患者様の中にはお話しや歌声を聴き、涙される方や「励みになります。歌声や貴重なお話を聞く事が出来て良かった」などの感想も多く寄せられました。
河合さんの姿をみて私たちもより一層患者様のリハビリに力を入れていきたいと感じました。

前の10件 <<  1  2  3  4  5  6  7  >> 次の10件